セキュリティの強化について。

コンピュータ犯罪と呼ばれる言葉が生まれました。コンピュータ犯罪とは、顔も知らない他人が自分の権利を奪い、好き勝手に情報を取得されたり、操作されたりすることを言います。具体的には、トロイの木馬やスキャベンジングなどが挙げられます。ファイアウォールを利用していない場合、このような攻撃を受けやすくなってしまい、結果として多くの情報を盗まれてしまい、乱用され、偽造されてしまう、ということも起こります。

セキュリティを強化していくためには、ファイアウォールやルータの設定をきちんと行っておかなければなりません。ルータもファイアウォールと同等の機能を持ち合わせていますが、近年増加する新しい犯罪に対応するため、ファイアウォールを導入し、セキュリティの完全性、可用性、機密性を向上させていくようにしましょう。

セキュリティ対策として、人の手によって実施可能なセキュリティ対策、機器の機能によって実現できるセキュリティ対策、それらの機器を丁寧に管理することによってセキュリティが強化できる対策に分けられます。それらの対策は、一日たりとも怠ることはできません。手を抜いてしまうと、クラッカーのような存在に、システムを乗っ取られてしまう可能性もあります。