セキュリティの具体的な説明。

コンピュータシステムやネットワークを使用する際、セキュリティ面の強化を行っていくことは、もはや常識です。具体的なセキュリティ対策としては、暗号化や認証、アクセス管理をしっかり行うことが挙げられます。暗号化は、情報を他人から読み取れないようにするために必要な技術です。暗号化に必要な鍵と、複合に必要な鍵が存在し、それらの組み合わせによって、技術は主に二つの方式に分けられます。共通鍵暗号方式と、公開鍵暗号方式です。

認証は、アクセスを行った人が確実に正当な利用者であるかどうか、確認するために必要な技術です。インターネットでショッピングサイトに会員登録を行い、自分のIDにログインする際に使用される画面は正しく認証と呼ばれています。あらかじめ自分が設定したものと、IDとパスワードが一致すれば、自分が正しい利用者であると、サービスを提供する側に認められるのです。

アクセス管理とは、リソースを正当に利用する権利を持つ人、プログラム、ネットワーク、プロセスが、きちんとアクセスできるように管理することです。自分になりすました他人がアクセスを行い、データを改ざんしてしまう、というケースが起こらないようにするために必要です。