無線LANとセキュリティ対策

LANという言葉を聞いたことがある方は多いと思いますが、改めて何をするものかを調べてみました。基本的に、PC(パーソナルコンピュータ)が1台の場合は、必要ありませんが、PCが複数台あり、これらをお互いに接続する場合に必要となります。お互いのPCを接続することで、お互いのデータを操作できるようになりますし、1台のプリンターやルータを、複数のPCから使用できるようになり、大変便利なものです。このLANは構内通信網と訳されることもありますが、いわゆるケーブル(同軸ケーブルや光ファイバーなど)を用いて接続(通信)する有線LANと、電波を用いて接続(通信)する無線LANに大別できます。今ではLANシステムも無線LANが主流になりつつありますが、この無線LANはWLAN(ワイアレスLANの略称)とか、WI-FI(ワイファイ)などと呼ばれています。

線を何本も配線する有線LANに比べて、線を使わない無線LANはスッキリした環境でPCを使えるので、大変好評な反面、電波によって通信が行われるため、第三者によって通信内容を傍受される危険性があります。そのため、無線LANのアクセスポイント(親機)と、通信を行う無線LAN機能を備えたPC(子機)などとのセキュリティ対策が必要となってきます。セキュリティ対策のポイントとしては、親機を識別するためのIDを設定する、接続可能な子機をMACアドレににより選別する、暗号化する、などの方法が指摘されています。暗号化は、初めに親機の設定をしてから、次に親機に合わせて、子機の設定をすることになります。この暗号化の方式にもいくつかの種類があり、それぞれにより、セキュリティ強度に違いがあるようです。世の中は便利になればるほど悪用される機会も増え、結果セキュリティ対策が必要になるということは、避けられないことのようですね。