セキュリティに目を向けることは急務です。

セキュリティに目を向けることは急務です。情報というものの価値が昔と今とでは大違いです。それに、流通している情報も非常に多い世の中です。それも、インターネットの普及により、昔よりも漏れる危険性が非常に大きくなってきているのです。そういう時代だからこそセキュリティ対策は待ったなしでおこなう必要のある事柄なのです。実際に大企業でも、かなりの数で情報漏えいなどの事例があります。一度漏れた情報はもう、取り戻すことは不可能なのです。だから、日々進化する情報の取得手段に対して、セキュリティの考慮を含めて考えていくことが重要なのです。

常にシステムを構築するときにそれは最優先に考える必要があります。たとえ、ユーザの利便を多少損ねたとしても、安全を第一に考えることが、何よりも大切なことなのです。そこに大きな意味があると思います。サービスは安全が確保されて初めて価値のあるものになるのです。いくら便利なものでも、自分の情報が漏れてしまう危険性があるものを使いたくはないからです。セキュリティの存在意義はそこにあると思います。安心してシステムやサービスを使うには先ずそこがしっかりしておかないといけないということなのです。非常に重要なことです。